歯科鋳造用12%金銀パラジウム製品 (12%金パラ)

パラジウム買取価格

本日の買取価格

2019年12月04日

¥7,046

前日比買取価格-16円

  1. 2019年12月05日
  2. 2019年12月03日

相場情報

2019/12/0417:30現在の金・パラジウム・為替相場

17:30現在の金相場は1トロイオンス1486.90ドル、パラジウムは1843.55ドル、為替は1$108円49銭前後の値動きで推移しております。

2019/12/04国内金相場は約1ヵ月ぶりの高値となった一方、パラジウムは高値記録更新が一服し7日ぶりに反落↓

【金相場】3日のNY金相場は、米中貿易協議の進展に不透明感が広がる中で買われ反発。中心限月の2月限は1トロイオンス1484.40ドル(+15.20ドル)と、買いが活発化し、中心終値では11月6日相場(1493.10ドル)以来およそ1ヶ月ぶりの高値で取引きを終了。トランプ米大統領は3日、米中貿易協議の合意について「期限は設けていない」と述べた上で、来年秋の米大統領選の後に結論を持ち越す可能性を示唆した。新たな対中制裁関税の発動期限が迫る中、年内の実現を目指していた貿易協議「第1段階」の最終合意の行方に不透明感が広がった事から、投資家のリスク回避姿勢が広がって株式が売られ、相対的に安全資産としての金に買いが入った。また、外国為替市場ではドルが軟調に推移したほか、前日にトランプ大統領がブラジルとアルゼンチンから輸入する鉄鋼とアルミニウムに追加関税を課すと表明したことも金には追い風となり、この日は約1ヶ月ぶりの高値で取引きを終えた。市場は1485ドルを上回る水準を取り戻せば、1500ドルまで上伸する可能性があるとの見方もある。

国内の金相場は、リスクオフの流れから買い優勢となったNY相場を映して上昇。買取ベースでは1gあたり5,625円(+29円)と、前日の下げを埋め、11月8日相場(5,626円)以来およそ1ヶ月ぶりの高値となりました。

《10日間の金相場価格推移(買取)》

12/04  5625円 (+29円)

12/03  5596円 (-27円)

12/02  5623円 (+25円)

11/29  5598円 (+4円)

11/28  5594円 (-3円)

11/27  5597円 (+28円)

11/26  5569円 (-8円)

11/25  5577円 (-3円)

11/22  5580円 (-26円)

11/21  5606円 +1円)

10日間の金相場平均価格:5,597円/g


【パラジウム相場】3日のNYパラジウム相場は、全体的に小動きな展開となり横ばい圏で推移。中心限月の3月限は1トロイオンス1824.40ドル(-0.30ドル)と、小幅安となり、7営業日ぶりに値を落として取引きを終了。この日のパラジウムは、連日で高値記録を更新していた前日相場の流れを引き継ぎ序盤は買いが先行した。一方、トランプ大統領の発言を受け、米中貿易協議の合意が先送りされる可能性が意識されると投資家心理が後退し株式相場が軟調に推移。パラジウムも買い一服となりマイナスサイドに反転した。その後、ドル安や金の上昇を眺めて再度買い戻される場面もあったが、前日までの高値反動から利益を確定する動きも一部で見られ、結局前日終値水準で取引きを終えた。

国内のパラジウムは、前日までの高値更新記録が一服。買取では1gあたり7,046円(-16円)と、7営業日ぶりにマイナス圏に転じ反落しました。

《10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

12/04  7046円 (-16円)

12/03  7062円 (+16円)

12/02  7046円 (-11円)

11/29  7057円 (+66円)

11/28  6891円 (+94円)

11/27  6897円 (+44円)

11/26  6853円 (+99円)

11/25  6754円 (+66円)

11/22  6688円 (-17円)

11/21  6705円 (+28円)

10日間のパラジウム相場平均価格:6,910円/g


13:35現在の金相場は1トロイオンス1482.55ドル、パラジウムは1829.70ドル、為替は1$108円58銭前後の値動きで推移しております。

2019/12/04本日の金パラ価格相場

GC キャストウェル M.C.の買取価格61,050円(±0円)、その他の12%金パラの買取り価格は60,850円(±0円)、開封品の金パラジウム買い取り価格が1392円(±0円)と、本日地金がまちまちの展開となった事から、金パラも前日相場同様に値動き無しの横ばいで推移。連日で値動きがなく高止まりとなっております。

直近の金パラ(キャストウェル)相場推移

2019/12/04地金流通協会発表-金・パラジウム・銀・プラチナ相場

本日の地金は買取ベースで金5,625円(+29円)、パラジウム7,046円(-16円)、銀64.46円(+0.66円)、プラチナ3,464円(+27円)と、国内貴金属はパラジウムを除いて上昇。金はリスクオフの流れからNY相場が買い戻された事を映して、国内でもプラス圏に反転し上昇。前日の下げを埋め、11月8日相場(5,626円)以来およそ1ヶ月ぶりの高値となったほか、銀も前日の下げ幅をそのまま戻し反発。また、プラチナも買いが優先となった一方、パラジウムは前日までの高値更新記録が一服し7営業日ぶりに反落しました。

2019/12/043日海外貴金属相場

【3日】NY貴金属相場(中心限月終値)

金:1484.40ドル(+15.20ドル)

銀:1724.80セント(+28.20セント)

パラジウム:1824.40ドル(-0.30ドル)

プラチナ:911.60ドル(+11.90ドル)

本日の12%金パラ買取価格

01/24

73,500

前日比買取価格-1200円

本日のパラジウム買取価格

01/24

9,455

前日比買取価格-335円

トップに戻る