歯科鋳造用12%金銀パラジウム製品 (12%金パラ)

パラジウム買取価格

本日の買取価格

2020年07月30日

¥7,959

前日比買取価格-363円

  1. 2020年07月31日
  2. 2020年07月29日

相場情報

2020/07/30国内貴金属は強弱まちまち↑↓金は前日の下げを埋め、史上最高値を再記録した一方、パラジウムは利確売りに押され続落。

【金相場】29日のNY金相場は、米金融当局がハト派姿勢を維持するとの観測からドル安が進んだ事で、買い地合いが地合いが継続。中心限月の8月限は1トロイオンス1953.40ドル(+8.80ドル)と、中心終値では史上最高値を4日連続で塗り替えて取引きを終了。米連邦公開市場委員会(FOMC)結果を控えて、外国為替市場では対ユーロでドル安が進行。ドル建てで取引される金商品に割安感が生じ、買われた面があった。また、FOMCではハト派姿勢を維持するとの観測から、金を買う動きが活発となり上げ幅を拡大した。一方で、史上最高値を連日更新する中で、一部で利益を確定する動きもあって、金は2000ドルの心理的な節目を前に伸び悩む展開だった。その後、引け後に公表された米連邦公開市場委員会(FOMC)では、ゼロ金利政策と資産購入の継続を決定。FRBのパウエル議長は会合後の記者会見で「出来る限りの手段を使うことを約束し続ける」と述べた。低金利状態が長期化するとの見方が広がり、金相場は時間外取引で1トロイオンス1974.90ドルと過去最高値を更新する場面もあった。

国内の金相場は、歴代高値を更新したNY相場を映し反発。買取ベースでは1gあたり7,268円(+33円)と、前日の下げを埋め、史上最高値を再更新しました。

《10日間の金相場価格推移(買取)》

07/30  7268円 (+33円)

07/29  7235円 (-27円)

07/28  7262円 (+125円)

07/27  7137円 (+229円)

07/22  6908円 (+63円)

07/21  6845円 (+34円)

07/20  6811円 (+20円)

07/17  6791円 (-9円)

07/16  6800円 (-16円)

07/15  6816円 (+27円)

10日間の金相場平均価格:6,987円/g


【パラジウム相場】29日のNYパラジウム相場は、このところの急速な上昇に対する利益確定売りが出た事から軟調に推移。中心限月の9月限は1トロイオンス2261.20ドル(-104.30ドル)と、続落して取引きを終了。ここ最近の急騰を受け、この日のパラジウムは利益確定売りや持ち高調整などが出やすく序盤より軟調に推移した。また、新型コロナの感染再拡大が警戒されている事や、コロナで打撃を受けた米経済を支えるための包括的経済対策案を巡り、トランプ政権と議会民主党の交渉が29日も行われたが前進は見られず、こうした状況でも連邦政府による失業給付の失効期限が近づいている事も売りを誘う要因となった。途中、FOMCがハト派姿勢を維持するとの観測からドル安が進んだほか、金が史上最高値を再更新した事や、原油高や株高を受けて買われる場面もあったが大きな上げには繋がらず、この日は売り優勢で取引きを終えた。

国内のパラジウムは、利確売りに押されたNY相場を映し続落。買取では1gあたり7,959円(-363円)と、このところの急騰に対する調整から、マイナス圏での値動きとなりました。

《10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

07/30  7959円 (-363円)

07/29  8322円 (-225円)

07/28  8547円 (+335円)

07/27  8212円 (+160円)

07/22  8052円 (+423円)

07/21  7629円 (+121円)

07/20  7508円 (+116円)

07/17  7392円 (+22円)

07/16  7370円 (-11円)

07/15  7381円 (-33円)

10日間のパラジウム相場平均価格:7,837円/g


13:10現在の金相場は1トロイオンス1963.75ドル、パラジウムは2226.15ドル、為替は1$105円04銭前後の値動きで推移しております。

2020/07/30本日の金パラ相場

GC キャストウェル M.C.の買取価格75,750円(-1600円)、その他の12%金パラの買取り価格は75,550円(-1600円)、開封品の金パラジウム買い取り価格が1880円(-51円)と、本日地金の金相場が前日の下げを埋め史上最高値を再更新するなど一段高となった一方、パラジウムが利確売りに押され軟調に推移した事から、金パラもマイナス推移となり続落しました。

現在、貴金属は世界情勢や為替動向など様々な要因から価格変動が激しくなっており、金パラ相場も値動きが荒く乱高下する場合が御座いますので、ご売却検討の方はリスクを極力回避して安全にご売却下さい。

直近の金パラ(キャストウェル)相場推移

2020/07/30地金流通協会発表-金・銀・パラジウム・プラチナ相場

本日の地金は買取ベースで金7,268円(+33円)、パラジウム7,959円(-363円)、銀87.56円(±0円)、プラチナ3,409円(-64円)と、国内貴金属はNY市場の値動きを映して強弱まちまち。金はNY相場が4連日で史上最高値を更新するなど価格水準を切り上げている事から、国内でもプラス圏で推移し反発。前日の下げを埋めて、史上最高値を記録した一方、白金族のパラジウム・プラチナは高値反動から利確売りに押され共に続落。銀は値動き無しの横ばい推移となりました。

2020/07/3029日 海外貴金属相場

【29日】NY貴金属相場(中心月終値)

金:1953.40ドル(+8.80ドル)

銀:2432.10セント(+2.10セント)

パラジウム:2261.20ドル(-104.30ドル)

プラチナ:958.50ドル(-27.70ドル)

本日の12%金パラ買取価格

08/12

73,700

前日比買取価格-2650円

本日のパラジウム買取価格

08/12

7,739

前日比買取価格-484円

トップに戻る