歯科鋳造用12%金銀パラジウム製品 (12%金パラ)

パラジウム買取価格

本日の買取価格

2021年02月22日

¥8,932

前日比買取価格+264円

  1. 2021年02月24日
  2. 2021年02月19日

相場情報

2021/02/2218:00現在の金・パラジウム・為替相場

18:00現在の金相場は1トロイオンス1799.05ドル、パラジウムは2412.70ドル、為替は1$105円76銭前後の値動きで推移しております。

明日23日(火)は祝日のため休業となります。祝日明け24日(水)の相場動向にご注視下さい。

2021/02/22国内貴金属は軒並み上昇↑金は4営業日ぶりに反発し、パラジウムは年初来高値を抜いて約3ヶ月ぶりの高値を更新。

【金相場】週末19日のNY金相場は、ドルの下落に伴う割安感や、押し目買いに支えられ小幅続伸。中心限月の4月限は1トロイオンス1777.40ドル(+2.40ドル)と、横ばい圏ながら小幅高で取引きを終了。新型コロナウイルスの新規感染者数が減少傾向にあるほか、ワクチン普及への期待を背景に、世界的に金利が上昇。金商品は安全資産としての需要減退に加え、金利を生まない資産保有による機会損失としての見方から売られやすく、この日も朝方まで軟調に推移した。しかし、売り一巡後は外国為替市場でドル売り・ユーロ買いが進行したことを受けて割安感が生じプラス圏に浮上。また、値ごろ感からの買いも入りやすく、結局この日も小幅高で引けた。

国内の金相場は、小幅続伸した週末のNY相場を映し上昇。買取ベースでは1gあたり6,616円(+40円)と、前日の下げを埋め4営業日ぶりに反発しました。

《10日間の金相場価格推移(買取)》

02/22  6,616円 (+40円)

02/19  6,576円 (-35円)

02/18  6,611円 (-55円)

02/17  6,666円 (-79円)

02/16  6,745円 (+24円)

02/15  6,721円 (±0円)

02/12  6,721円 (-28円)

02/10  6,749円 (-17円)

02/09  6,765円 (+49円)

02/08  6,716円 (+50円)

10日間の金相場平均価格:6,689円/g


【パラジウム相場】週末19日のNYパラジウム相場は、ドル安の進行や良好な米国経済指標、急騰した銅相場に連れて急反発。中心限月の3月限は1トロイオンス2369.20ドル(+20.40ドル)と、前日の下げを埋めて、3営業日ぶりに上昇して取引きを終了。新型コロナウイルスの新規感染者数が減少傾向にあるほか、ワクチン普及への期待を背景に投資家心理が改善し、この日のパラジウムは時間外取引きより買いが先行した。また、景気刺激策として各国はインフラ投資など大規模な財政支出を計画しており、工業用需要の回復期待から銅需要の拡大につながるとの見方が強まりNY銅相場が大幅続伸。約9年5ヶ月ぶりの高値を記録するなど急騰したほか、プラチナも直近高値を上抜き2014年9月30日相場(1298.50ドル)以来およそ6年5ヶ月ぶりの高値となった事を受け、パラジウムも連れて上げ幅を拡大した。その後、買い一巡後は週末を控えた持ち高調整売りに押される場面もあったが、ドル安の流れが支援材料となり、そのまま買い優勢で取引きを終えた。

国内のパラジウム相場は、堅調となった週末のNY相場を映し急反発。買取では1gあたり8,932円(+264円)と、前2日間の下げを埋め、年初来高値を更新。昨年11月11日相場(9,048円)以来およそ3ヶ月ぶりの高値を付け、9,000円圏内まで浮上する展開となりました。

《10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

02/22  8932円 (+264円)

02/19  8668円 (-165円)

02/18  8833円 (-28円)

02/17  8861円 (+22円)

02/16  8839円 (+66円)

02/15  8773円 (+116円)

02/12  8657円 (+126円)

02/10  8531円 (-121円)

02/09  8652円 (+22円)

02/08  8630円 (+149円)

10日間のパラジウム相場平均価格:8,738円/g


12:30現在の金相場は1トロイオンス1791.35ドル、パラジウムは2420.90ドル、為替は1$105円63銭前後の値動きで推移しております。

2021/02/22本日の金パラ相場価格

GC キャストウェル M.C.の買取価格81,900円(+1,000円)、その他の12%金パラの買取り価格81,700円(+1,000円)、開封品の金パラジウム買い取り価格が2,080円(+35円)と、本日地金の金が軒並み堅調に推移する中、パラジウムが前2日間の下げを埋め、約3ヶ月ぶり(昨年11月11日相場以来)の高値を更新するなど一段高となった事から、金パラも大きく値を上げ4営業日ぶりに急反発。キャストウェルでは82,000円圏内まで上昇し、直近高値水準(昨年11月11日相場以来およそ3ヶ月ぶり)まで再浮上しました。

現在、貴金属は世界情勢や為替動向など様々な要因から価格変動が激しくなっており、金パラ相場も値動きが荒く乱高下する場合が御座います。

直近の金パラ(キャストウェル)相場推移

2021/02/22地金流通協会発表-金・パラジウム・銀・プラチナ相場

本日の地金は買取ベースで金6,616円(+40円)、パラジウム8,932円(+264円)、銀100.87円(+1.54円)、プラチナ4,760円(+66円)と、国内貴金属は買い優勢となった週明けのNY相場を映し、軒並みプラス圏に反転し堅調に推移。金は週末のNY相場が小幅続伸し上昇した事を受け、国内でもプラス圏で推移し4営業日ぶりに反発。また、銀も値を上げ前日にの下げを埋め戻したほか、白金族のパラジウム・プラチナはNY相場の急反発を受け国内でも大きく値を上げ一段高へ。パラジウムは軟調となった前2日間の下げを埋めて年初来高値を更新。昨年11月11日相場(9,048円)以来およそ3ヶ月ぶりの高値を付け9,000円圏内まで浮上したほか、プラチナは6年5ヶ月ぶりの高水準となったNY相場高を映し、2015年5月26日相場(4,821円)以来およそ5年9ヶ月ぶりの高値圏まで再浮上するなど、価格水準を切り上げる展開となっております。

本日の12%金パラ買取価格

03/09

80,700

前日比買取価格-200円

本日のパラジウム買取価格

03/09

8,866

前日比買取価格-28円

トップに戻る